スポンサーリンク

渋谷区の本町リサイクルセンター「レインボーほんまち」のアクセスや利用方法

渋谷区本町リサイクルセンターものの売買
スポンサーリンク

引っ越しまでにとにかくいろいろなところで物を売ってみよう!ということで渋谷区のリサイクルセンター「レインボーほんまち」で服を委託販売してもらいました。

レインボーほんまちってどんなところ?

食器や家具を安くで探している

という方におすすめの記事です。

委託販売には条件がありますが、購入は誰でも利用できるのでよかったらどうぞ。ちなみに「ものなが」はレインボーほんまちで食器や衣類を何度か購入したこがあります。

ではレインボーほんまちでの販売に必要な条件や登録・申し込みの流れなどを紹介していきます。

ものながのアップ
品物の回転が結構早く、掘り出し物がないか買い物のついでによく見に行っています。1階ではカンやペットボトルなどの回収も行なっており、うっかり捨て忘れたときにも便利です。

本町リサイクルセンター「レインボーほんまち」

本町リサイクルセンター売り場

「レインボーほんまち」 | 渋谷区公式サイト

衣類や食器・家具などの委託販売を行っています。(家具は販売のみ)

レインボーほんまち

レインボーほんまち詳細

  • 住所…渋谷区本町1-56-2 3F
  • 電話…03-3372-1020
  • 最寄り駅…京王新線初台駅
  • 営業時間…9時~17時
  • 休館日…毎週月曜日、祝休日、年末年始(12月29日~1月3日)

2つの渋谷区リサイクルセンター

  • 本町リサイクルセンター「レインボーほんまち」
  • 美竹リユースコーナー(旧並木橋リサイクルセンター)

運営は渋谷区、売り場は街のリサイクルショップのようなイメージです。個人の委託販売の品物で値段がかなり安く抑えられているため、思わぬ掘り出し物が見つかることも。

ものながのアップ
グラミチのハーフパンツを800円ぐらいで購入したことがあります。衣類は年配の方向けが中心ですが、たまにある掘り出し物を見つけるとテンションが上りますw

レインボーほんまちへのアクセス

レインボーほんまちの住所は渋谷区ですが、場所はかなり新宿寄りです。最寄りの初台駅からのアクセスを簡単に説明します。

京王新線初台駅北口

京王線ではなく京王新線の初台駅になります。新宿からの乗り場が京王線とは離れているので注意してください。

初台駅北口の階段を上がり牛角・ファミマ方面へ直進します。新国立劇場やオペラシティーを右手に見ながら歩くことになります。

ふどう通りを左折

ふどう通り商店街の入口の看板(パチンコあかね)が見えたら左折です。小さな公園のある方へ進んでください。

近くのおすすめスポット
ふどう通り商店街は昔ながらの雰囲気を残す商店街です。小さな商店街ですが、おしゃれなお店も増えてきており「レインボーほんまち」の帰りにでもよってみてはいかがでしょうか。

レインボーほんまち入り口

公園をすぎるとすぐに「レインボーほんまち」が見えてきます。リサイクルコーナーは3階になり、エレベーターで上がります。

ものながのアップ
「ものなが」のふどう通り商店街のおすすめ店は「てんてんてん 初台店」ですw

本町リサイクルセンター「レインボーほんまち」の委託販売方法

委託販売の申込みは簡単。「レインボーほんまち」ではシルバー人材センターのスタッフの方々が登録から出品まで丁寧に対応してくれます。

委託販売の条件はどちらか

  • 区内在住の20歳以上
  • 区内在勤・在学の20歳以上

委託販売の流れ

  1. 登録(委託販売利用登録証の作成)
  2. 出品受付
  3. 販売
  4. 精算

委託販売利用登録証の作成

「ものなが」は渋谷区在住なので免許証一つで委託販売利用登録証の作成ができました。申込用紙に記入し、スタッフの方に免許証を確認してもらうだけで作れます。免許証のコピーなどは取らず確認だけでした。

申し込みが終わると「委託販売利用登録証」に記入します。

記入事項

  • 名前
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号
  • 作成日

トータル5分ほどで完了します。委託品を持っていったその日に作成しても大丈夫です。

委託販売品の出品受付

登録の際に委託販売についての簡単な説明があります。

委託販売品詳細

  • 出品回数…1ヶ月に1回、5点まで
  • 出品個数…5点まで
  • 出品可能なもの…衣料品・バッグ類・台所用品・寝具・日用品・食器類
  • 値段…500円~5,000円以下(100円単位)

委託販売品のPOINT

  • 衣類…洗濯済みでシミや汚れのないもの
  • バッグ類…新品同様
  • 下着・靴下類・台所用品・寝具・日用品・食器類…新品のみ

特に難しい条件はなくあまり神経質にならなくても大丈夫です。売値が500円スタートということで安すぎるようなものは厳しいです。

実際に持ち込んだ委託販売品

実際に5点の服を持って販売登録を行いました。

  • Tシャツ…1枚
  • ロンT…1枚
  • アウター…2枚
  • ユニクロネルシャツ…1枚

委託販売品の汚れ

自宅である程度販売品の状態を確認し持っていったつもりでしたが、汚れや破損の見落としがあり3点のみの委託販売となりました。

出品回数は1回ということで別の日に残り2点の追加はできません。5点出品希望の場合は、2、3点多めに持って行くことをおすすめします。

メンズの服の出品の相場は、

500円から高くて1,000円ほど

1,000円以上のものはなかなか難しいようです。今回は試しにアウターを1,000円以上の値段にしてみましたが、どうなるでしょうか。

委託販売期間は1ヶ月。出品受付が終われば売り場に並べて、あとは売れるのを待つだけです。売れ行きを見て途中で値下げすることも可能。

レインボーほんまち委託販売レポート!売れた商品の精算と残った商品の引き上げ

精算は毎月25日締めの5日払いとなります。

必要なもの

  • 委託販売出品物預かり書
  • 委託販売利用登録証

売れなかったものは引き上げとなり、販売期間の延長は可能です。精算日から60日をすぎると、売り上金と未売却品は破棄となります。

一ヶ月が経ち精算のため「レインボーほんまち」に行ってきました。結果は

売上1点…1,300円

一番高いチャンピオンのアウターが出品後5日ほどで売れました。1,000円以上のものは動きが悪そうでしたが売れてくれてよかったです。

残りのロンTとユニクロネルシャツは売れずに持ち帰りとなりました。販売延長も可能でしたが、とりあえず一度引き上げです。精算は5分ぐらいで、すぐ終わります。

出品 値段 販売
チャンピオンアウター 1,300円
ユニクロネルシャツ 500円 ×
ロンT 500円 ×
ものながのアップ
何度か出品してみれば売れそうなものなどの傾向はわかりそうです。また機会があれば出品してみますw

「レインボーほんまち」での委託販売レポートまとめ

今回は渋谷区のリサイクルセンター「レインボーほんまち」での委託販売方法について紹介しました。月に1、2回は買い物のついでに寄っていましたが、出品すると気になってついつい通ってしまいます。

  • 出品は気長に待つ
  • 食器は購入が狙い目
  • 家具は入れ替わりが早くお値打ち品も

今回は売れたのがアウターだけでしたが機会があれば別のものを委託販売してみようと思います。まあ購入での利用が多いかなw

「レインボーほんまち」から徒歩圏内(15分ほど)の新宿中央公園で土曜日に大きなフリマが行われています。不用品が多い場合は「新宿中央公園フリマ」への出店もおすすめです。

新宿中央公園のフリマ出店で2万円以上の売上!最新の開催日程や出店方法のレポート
2020年最新開催日程と新宿中央公園フリマの出店レポート。まさかの2万円超えの売上にびっくり!フリマ全体やお客さんの雰囲気、出店の方法や売り上げ詳細などわかりやすく紹介しています。アクセスもよく参加しやすいフリマなので初めての出店にはおすすめ。買い物に行った感想も追記しました。