スニーカーをヴィンテージ加工 靴クリームでソールを黄ばませてみました

スニーカーの簡単ヴィンテージ加工 ソールに靴クリームを塗って黄ばませてみましたスニーカー
スポンサーリンク

店頭でパンダダンクを勢い買いした「ものなが」です。

パンダダンク、街でやたら見かけません?

「ものなが」が購入できたということはそれなりの足数販売されているのでしょう。

そのまま履くと電車などで誰かとかぶりそうな感じもするので、思い切ってヴィンテージ加工してみることにしました。

上手にヴィンテージ加工するというより、家にあった靴のクリームを使って、非常に手抜きなヴィンテージ加工チャレンジ記事になります。結果として失敗しているのでおすすめの方法ではありません。

ものながのアップ
パンダダンクを自分が購入したからか、やたらと目につくようになったんですよね。

スニーカーのソールを黄ばませるヴィンテージ加工の方法

パンダダンクのソールをヴィンテージ加工

ヴィンテージ加工と聞いて最初に思いつくのがミッドソールの黄ばみです。ソールさえ黄ばんでいればそれなりの雰囲気が出るはず。

ソールのゴム部分が経年変色したように見せるため、ペイントするのが一番簡単です。

スニーカーのソールを黄ばませるもの

  • SNEAKER STAINER(ステイナークリーム)
  • マッキー(ライトブラウン)
  • 靴クリーム

FoxtrotUniformのSNEAKER STAINER(スニーカーヴィンテージ加工専用ペン)

ヴィンテージ加工専用ペンなので手軽さは一番。「ものなが」も購入しようと検索してみたら約3,000円と高額。

何足かヴィンテージ加工するなら、3,000円は出せなくないですが、今回はパンダダンク1足のみ。とりあえず別の方法でヴィンテージ加工することにしました。

ものながのアップ
靴クリームで染めた結果を踏まえると専用ペンを購入したほうが、楽だと思いました。

https://a.r10.to/h6lRPh

マッキー(ライトブラウン)

マジックといえばマッキー。あのマッキーでソールを黄色く塗る方法はかなりの人が実践していてよさそうです。が、「うまくいかなかった」「思ったより濃くなってしまった」などの失敗談もちらほらあるので今回は却下。

https://a.r10.to/h6hPJr

靴クリーム

靴クリームでスニーカーをヴィンテージ加工

何か汚れを演出できるものを探していたところ、靴クリームを発見。

靴クリームなら拭き取れば大失敗はないだろう

とりあえず、家にあった「ヴィオラ靴用クリーム チャ」でヴィンテージ加工してみることにしました。

【楽天市場】ヴィオラ シュークリームA 黒 茶系 キャメル 無色 ニュートラル(ツヤ革用 染料系靴クリーム 染色 補色 補修)ヴィオラ靴用クリーム 靴磨きセット オレンジヒール JEWEL シューケアボックス内のクリーム 革靴のお手入れ:心晴れる靴ケア/オレンジヒール
靴磨きが楽しくなるシュークリーム(全42色) 革靴に美しい光沢と防水力を与えます。小傷の補修効果も。日本製の靴クリームなので安心!【あす楽対応】シューケアセットの買い足しにも。ヴィオラ シュークリームA 黒 茶系 キャメル 無色 ニュートラル(ツヤ革用 染料系靴クリーム 染色 補色 補修)ヴィオラ靴用クリーム 靴磨きセ...

パンダダンクハイを靴クリームでソールを黄ばませるヴィンテージ加工

パンダダンク Nike Dunk High Championship White

靴クリームで本当にソールを黄ばませられるのか?

かなり疑いつつもとりあえず、靴クリームを塗る準備。

ヴィンテージ加工で必要なもの

  • ヴィオラ靴用クリーム チャ
  • ボロぎれ(靴クリームを塗る用)
  • ウエットティシュ(靴クリームを拭き取る用)
  • 歯ブラシ(細部を塗る用)
  • 除光液(色を薄くするために使用)※
  • 消しゴム(色を薄くするために使用)※

※作業中に追加したもの

スニーカーのソールに靴クリームを塗ります

まずは目立ちにくい場所で試し塗り。ちょっと色が濃い気がします。

スニーカーヴィンテージ加工ウエットティッシュでクリームを拭き取る

ウエットティッシュで拭き取ります。もっと拭き取れると思っていましたが、かなり色が残ります。

スニーカーヴィンテージ加工除光液で拭き取る

焦って除光液を用意しました。

完全には拭き取れず赤っぽい茶色が残りました。

微妙なカラーのため、別の靴クリームも試してみます。

より赤茶っぽくなるためこちらの靴クリームはなし。「ヴィオラ靴用クリーム チャ」のカラーも微妙ですが、もうこれでヴィンテージ加工していくことに決めます。

ものながのアップ
ヴィンテージ加工に合わせたカラーではないので微妙です。妥協ですがチャレンジします。

ミッドソール全体に靴クリームを慎重に塗っていきます。

全体に汚れがあったほうがいいと考え、マスキングテープは使わず。クリームがはみ出たら即拭き取る。

すぐ拭けば大丈夫かと思いましたが、全然取れませんでした。まあ汚れの加工と自分に言い聞かせます。

アッパーをきれいに保ちたい人はマスキングテープ必須です。

つま先の白い部分にもうすーく茶色のクリームを塗ります。写真ではほぼわからない程度。

右のクリームの靴紐のほうがヴィンテージ加工したものです。

こちらの写真では左。実際の見た目は写真より赤っぽい茶色です。

縫い目の部分にうまくクリームが塗れていません。

歯ブラシを使って縫い目部分にクリームを塗ってみました。(写真上は塗り1回目。下は歯ブラシ使用の2回目)

2回塗ったためかなり濃いミッドソールになりました。かなり赤茶っぽく、失敗感が溢れています。

片足塗り終えて後戻りはできません。もう一つの足も塗っていきます。2回目はかなり大胆で適当な塗り方です。

写真左があとに塗ったほうです。茶色がかなり濃い。

写真右があとに塗ったほう。両方の足でかなり色の違いが出ています。これはまずい。

色を調節するため、消しゴムを使用。

結構、色は薄くなりました。

パンダダンクハイを靴クリームでソールを黄ばませるヴィンテージ加工

なんとか履けるぐらいの見た目になりました。

靴クリームでスニーカーのソールを黄ばませるヴィンテージ加工まとめ

翌日の写真。なんと色がかなり薄くなっています。よーく見ないとわからないぐらいのうっすらクリーム色に。ほんとうによかった。

靴クリームでのヴィンテージ加工は色味がかなり難しいです。絶対に失敗したくない人は専用のペンがおすすめです。

赤茶になりすぎたときは本気で焦りました。

https://a.r10.to/h6lRPh

スニーカーをきれいにしたい方はこちらのスニーカーの洗い方をぜひ読んでみてください。
ナイキ、アディダス、コンバース、バンズ、リーボックといろいろなメーカーのスニーカーを洗いまくった記事です。